小4】小数の割り算の筆算のやり方は?あまりと答えの小数点は位置が違う!【小5

「小数の割り算って小数点をどうするの?」「あまりはどうなるの?」と悩んでいる小4・小5の方、安心して下さい!東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が「小数点の動かし方」を中心に分かりやすく教えます。最後まで読めば小数の割り算がスラスラ解けるようになりますよ!

4年の予習復習をしたい人は上から順番に、5年の予習復習をしたいは「小数÷小数」から読むと良いでしょう。下の目次で好きなところをクリックするとジャンプできます。

スポンサーリンク

小数÷整数の割り算(小4)

小数÷整数(余り無し)

爽茶そうちゃ

こんにちは!「そうちゃ」@zky_tutor(プロフィール)です。

まずは、小4で学習する「小数÷整数で余りが出ない」パターンから見ていきます。

普通の割り算とほとんど変わらないので、気楽に始めましょう♪

小数を割る時は◯◯◯を上に移す!

●例題1
11.7÷9 を割り切れるまで計算しなさい
ヒント

まず、小数の無い「117÷9」の筆算を確認します。大丈夫とは思いますが念のため筆算して下さい。(▼をクリック)


こうなって…答えは13ですね。

筆算(1)

13
9)117
97
127

11÷9で、1余り2

筆算(2)

13
9)117
97
027
27
00

次に27÷9をして3
答えは13です。

できました…ね?

小数点がある場合もほとんど同じです!

図解

小数点がある場合「準備」が必要です。それは小数点を真上にも書き写すこと!

筆算準備

13
9)117

小数点を上にも書き写します

ここから後は、小数点がない場合と同じように割り切れるまで解きます。

筆算(1)

13
9)117
97
127
27

20

小数点がない場合と
同じように解き、終了♪

答えは小数点を含めて1.3になります。1.3

このように小数÷整数の計算は小数点を上に移せば良いだけです。

小学4年生で学習する小数÷整数(あまりなし)の筆算の方法。割られる数の小数点を上にも移動させるのがコツ。

分かりましたね?では、類題で練習しましょう!

練習問題で定着!

●類題1-1
59.2÷8 を割り切れるまで計算しなさい
図解(▼をクリック)

まず、割られる数の小数点を上に移して…

筆算(1)「準備」

74
8)592

小数点を上にも書いて

あとは小数点がない場合と同じように割り切れるまで解きます。

筆算(2)

74
8)592
562
532
32
00

終了~♪

7.4

●類題1-2
45.5÷14 を割り切れるまで計算しなさい
図解

小数点を真上に移してから、解きはじめます。

筆算(1)

32
14)455
425
435
28
00

小数点を上に移して
解きすすめます♪

下ろす数字が無いように見えますが、45.5の右に0を補って、下におろします

筆算(2)

325
14)4550
4250
4350
280
070

0を補って下ろす

余りがなくなったら終了です

筆算(3)

325
14)4550
4250
4350
280
270
70
70

終了~♪

3.25

●類題1-3
4.27÷7 を割り切れるまで計算しなさい
ヒント

出だしに気を付けましょう

図解

まず小数点を上に移して…

筆算(1)「準備」

061
7)427

小数点を上にも書いて

最初の割り算は42÷7=6で小数点がない場合4の上には何も書きませんでしたが、この問題では小数点があるので「0」を書きます。

(小数点が無い)

61
7)427
427

4の上に何も書かない

(小数点がある)

061
7)427
427

4の上に0を立てる

あとは、余りがなくなるまで解くと、商は0.61です。

筆算(3)

061
7)427
427
427
7
0

終了~♪

0.61

余りがない場合は、これで終了です。

小数÷整数(余りあり)

爽茶そうちゃ

ここからは「小数÷整数」で余りがある場合です。

どの位までの商を求めるか、問題文の指定をきちんと読みましょう!

解き方を理解♪

●例題2
82.4÷3 を計算しなさい。
商は整数で求め、余りも出しなさい。
ヒント

実際の試験のときには「商は整数で求め」という箇所に鉛筆で線を引くと良いですね!

図解

上に移した小数点まで答えが出たら、割り算をストップします。残った4を下に下ろすと余りが14のように見えますが…14は大きすぎますね。3×27=81なので82.4を割った余りは1.4になるはずでは…

筆算(1)

274
3)824
624
224
214
214

答えが整数までいったら、
割り算をストップしますが、
14は余りとしては大きすぎます

割られる数の小数点を真下に降ろさないといけなかったんですね!

筆算(2)

274
3)824
624
224
214
214

小数点を余りのところまで
下ろさないとダメだった!

27余り1.4

このように小数の割り算では余りのところまで小数点を落ろして下さい。

小学4年生で学習する小数÷整数(余りあり)の筆算の方法。割られる数の小数点を余りの位置まで下ろしてくるのがコツ。

やり方が分かったら練習してみましょう!

練習問題で定着!

●類題2
(1)875.8÷26 を計算しなさい
__商は整数で出し、余りも求めなさい
(2)76.9÷8 を計算しなさい。
__商は小数点第一位まで求め、余りも出しなさい。
(3)91.7÷42 を計算しなさい。
__商は小数点第二位まで求め、余りも出しなさい。
図解
(1)875.8÷26 の解答を表示
割られる数の小数点を上に移したら計算を始め、小数点の手前で割り算をストップします。

筆算(1)

338
26)8758
7824
7954
784
2178

答えが整数のところで
割り算はストップ!

割られる数で残った8を下に下ろしたら、小数点も下ろします。余りは178ではなく17.8になります

筆算(2)

338
26)8758
7824
7954
784
2178

余りは178ではなく17.8になる。

33余り17.8

(2)76.9÷8 の解答を表示

小数点を上に移して計算を始めます。

筆算(0)

96
8)769

小数点を上に移して開始

問題文の指定通り小数第一位まで割り算をします。

筆算(1)

96
8)769
725
449
48
01

小数第一位まで答えを出す

余りは1に見えますが、小数点を下ろしてくると…余りは0.1と分かります。

筆算(2)

96
8)769
725
449
48
01

小数点を下ろして終了♪

9.6余り0.1

(3)91.7÷42 の解答を表示
小数点を真上に移して小数第一位まで計算しますが、「第二位まで」なので、まだ終わりではありません。

筆算(1)

21
42)917
847
877
42
35

小数点を上にも移してから
計算を始める

小数第二位に0をおろして8を立てて、答えは2.18と出ました。余りは14に見えますが…

筆算(1)

218
42)9170
8470
8770
420
350
336
014

小数点を下ろして終了♪

小数点を真下にも移すと…余りは0.14と分かります

筆算(1)

218
42)9170
8470
8770
420
350
336
014

小数点を下ろして終了♪

2.18余り0.14

爽茶そうちゃ
これで「小数÷整数」のやり方は分かりましたね。
次は少し変わった答え方をする問題です。

小数÷整数(概数で答える)

爽茶そうちゃ
割り算が割り切れない(余りが出る)場合は概数(およその数)で答えを出す場合もあります。
例えば「12.3456」を小数第二位で四捨五入して「12.3」にしたりします。

解き方を理解♪

まず、概数の決め方を簡単に復習するとこうなります。

復習のつもりでテストしてみましょう

確認テスト(タッチで解答表示)

「42.537」の小数第二位を四捨五入しなさい
→( 小数第二位は3なので切り捨てて42.5 )

「42.537」を小数第二位までの概数にする
→( 小数第三位の7を四捨五入して42.54 )

「42.537」を上から3ケタの概数にする
→( 上から4ケタ目の3を四捨五入して42.5 )

概数が「分からない」「忘れた」という人は参考記事「概数のまとめ」を見て下さい。

では例題を試してみましょう

例題3-1

37.6÷7 を計算しなさい。
商は小数第一位を四捨五入した概数で求めなさい
図解(▼をクリック)

小数第一位まで計算します。

筆算
53
7)376
356
426
21
05
第一位まで筆算して終了

小数第一位が「3」なので切り捨てて、答えは5です。
5

例題3-2

37.6÷7 を計算しなさい。
商は小数第一位までの概数で求めなさい
ヒント(▼をクリック)

小数第一位までの概数→第二位を四捨五入です。

図解

小数第一位までの概数→第二位を四捨五入なので、第二位まで筆算します。

筆算
537
7)3760
3560
4260
210
050
49
01
終了

第二位は「7」なので切り上げて5.4です。

5.4

例題3-3

37.6÷7 を計算しなさい。
商は上から3ケタの概数で求めなさい
ヒント

上から3ケタの概数→上から4ケタを四捨五入

図解

上から3ケタの概数→上から4ケタ目を四捨五入なので、この問題では小数第三位まで答えを出します。

筆算
5371
7)37600
35600
42600
2100
0500
490
010
7
03
終~了~♪

上から4ケタ目(小数第三位)は「1」なので切り捨てて、答えは5.37です。

5.37

爽茶そうちゃ

概数で答えを求める問題は以上です。

もっと問題を解きたい人のための、概数の答えを求める問題がたくさんある問題集がまだ見つかりません…当サイトでプリントを作成・販売しようかな?と考えています。

小数÷整数の文章問題

楽しんで解いて下さい!

●文章問題1-1

4.8Lのジュースを6人で分けると1人分は何Lですか?
図解(▼をクリック)

分けるので割り算を行います。問題に「余り」の指定もないので割り切れるだろうと予想して筆算を始めます。

まず、4の上に0を書いて小数点を上にも書きます。(図1)

筆算(1)

08
6)48

8の上に8が立って終了♪(図2)

筆算(2)

08
6)48
48
40

予想通り割り切れました。0.8L

●文章問題1-2

Aさんの体重は34.8kgでBさんは29kgです。Aさんの体重はBさんの何倍ですか?
ヒント(▼をクリック)

「AはBの何倍か?」を出すのはA÷Bです。

図解

「AはBの何倍か?」を出すにはA÷Bをするので、計算は34.8÷29です。また「何倍か」聞かれているので余りは出ないだろうと予想して筆算を始めます。

筆算

12
29)348
298
458
58
00

余り無く割り切れました♪1.2

●文章問題1-3

580.5gの白い砂を32gずつ袋につめると、何袋できて何g余りますか?
ヒント

何袋?と聞かれているので割り算の答えは整数です。

図解

何袋?と聞かれているので小数点の手前まで計算して商は18と分かりました。

筆算(1)

185
32)5805
3205
2605
2565
5.25245

小数点の手前まで計算して
商は18と分かる

割られる数の末尾の5を下ろしたら、小数点も余りまで下ろします。余りは45ではなく4.5です。

筆算(2)

185
32)5805
3205
2605
2565
5.25245

小数点を下ろして
余りは4.5と分かる

18袋できて4.5g余る

爽茶そうちゃ

四年生の「小数の割り算」はここまでです。
もっと計算を練習したい人には記事の最後でオススメ問題集を紹介しています。

四年生の方には、こちらの記事もオススメです!
→和差算 →分数の種類(帯分数/仮分数) →分数の足し算・引き算

次は五年生で学習する「小数÷小数」です。四年生の人も予習のつもりで見てみませんか?

小数÷小数の割り算(小5)

爽茶そうちゃ

ここからが本番!小5で学習する「割る数も小数」の場合です。

上の図のキャラクター「コスワリ兄弟」はこの後に登場します

小数÷小数(余り無し)

やり方を理解

●例題4
8.37÷3.1 を割り切れるまで計算しなさい
ヒント

いきなり始めないで!

図解

割る前に準備をします!

まず、割る小数「3.1」の小数点を右に1つずらして「31」にします

筆算準備(1)

31)837

割る数の小数点を右端まで動かす

次に、割られる小数「8.37」の小数点も同じく右に1つずらして「83.7」にします。(割られる数のもとの小数点は大事なので、青い色で残します)

筆算準備(2)

31)837
割る数の小数点と同じだけ
割られる数の小数点を動かします。

そのまま小数点を上にも移します。これで準備が終了です。

筆算準備終了

7
31)837
右に動かした小数点を
上に移動します。

はじめましょう♪余りがなくなるまで解き進みます。

筆算

27
31)837
627
217
217
210

終了~♪

2.7

このように、割る数も小数の場合は割る数と割られる数の小数点を同じだけ右に動かすのがポイントです。

(もとの小数点はまだ使いませんでしたが、後で余りを出す時に大事になります)

小学5年生で学習する小数÷小数の準備。小数点を同じだけ右に動かす。

割る数と割られる数の小数点が同じように動く形を覚えておきましょう。

ここで登場するのが、先程の…

小学5年生で学習する小数÷小数では割る数と割られる数の小数点を同じだけ右に動かすことを体現したキャラクター「コスワリ兄弟」登場場面

覚えやすいよね?ね?(フィギュアを作りたいです)

気を取り直して…練習してみましょう
( ・`ω・´)

練習問題で定着!

●類題4
割り切れるまで計算しなさい。
(1)5.61÷1.7
(2)4.81÷0.65
<おまけ:整数÷小数のパターン>
(3)4÷0.32
ヒント

割る前に準備をしましょう(この形です↓)

図解
(1)5.61÷1.7 の解答を表示
まず準備をします。割る数(1.7)の小数点を1つ右にずらして17にして

筆算準備
33
17)561
割る数の小数点を1ケタ右へ

割られる数(5.61)も同じく小数点を1つ右にずらして56.1にして、真上にも移します

筆算準備終了
33
17)561
割られる数の小数点も1ケタ右へ
上にも移す

これで準備ができたので解き始めます!あとは、割り切れるまで解き進みます。

筆算
33
17)561
515
451
51
00
終了~♪

3.3

(2)4.81÷0.65 の解答を表示

まず筆算準備をします。割る数0.65の小数点を2つ右にずらしてを65にして…

筆算準備(1)
065)481
割る数の小数点を2ケタ右へ

4.81も同じく小数点を2つ右にずらして481にして、上にも移して、準備終了

筆算準備完了
74
065)4810
割られる数の小数点も2ケタ右へ
上にも移す

解き始めます!

筆算(1)
74
065)4810
4550
4260

481の右に0を補っておろして、割り切れるまで解き進みます。

筆算(2)
74
065)4810
4550
4260
260
000
終~了~♪

7.4

(3)4÷0.32 の解答を表示

まず準備をします。割る数(0.32)との小数点を2つ右にずらして「32」にします。

筆算準備(1)
1032)4
割る数の小数点を右端へ2ケタ動かす

「4」は「4.0」と考え、小数点を2つ右にずらして「400」にして、上にも移しましょう。準備完了。

筆算準備終了
125
032)4000
4は「4.0」と考えて小数点を2ケタ右へ

解き始めます。

筆算(3)
125
032)4000
3200
4800
640
160
終わりませんが

0を補って下ろすと割り切れました(ホッ)

筆算(3)
125
032)4000
3200
4800
640
160
160
000
終了~♪

12.5

これで、「小数÷小数で、余りが無い」問題は終了です。

小数÷小数(余りあり)

爽茶そうちゃ

「小数÷小数で、余りも出す」問題です。
入試や摸試の計算問題で出題されるので、しっかり身につけて下さい!

解き方を理解♪

●例題5
7.5÷3.5 を計算しなさい。
商は小数第一位まで求め、余りも出しなさい
図解

まず,小数点を動かして筆算の準備をします「3.5」は「35」に、「7.5」は「75」に直します。動かした小数点を上に移して準備終了

筆算準備完了
21
35)750
割る数も割られる数も2ケタ右へ
上にも移します。

問題文の指示通り、小数第一位まで割ります。

筆算(1)
21
35)750
700
450
35
15
小数第一位まで割ります

このままだと、余りが15のようにも見えますが、もとの小数点を下に移すと、この15の「1」はもともと小数第一位なのを思い出しますね。

筆算(2)終了
21
35)750
700
450
35
015
もとの小数点を下ろして
余りが0.15と出たら終了~♪

余りは15ではなく0.15ということです。2.1余り0.15

このように「小数÷小数で余りも出す」場合、答え(商)は動かした小数点を使いますが、余りはもとの小数点を使います

全部で3ステップになります。

練習問題で定着!

●類題5-1

3.3÷1.3 を計算しなさい(商は小数第一位まで求め、余りも出しなさい)
図解(▼をクリック)

筆算準備
小数点を右に1ケタ動かして「1.3」を「13」に、同じ用に「3.3」を「33」に直し小数点を上にも移して筆算の準備が完了です。

筆算準備
5
13)330
小数点を右に1ケタ動かし、上にも移す

割り算
準備が終わったら、指定された小数第一位まで解いてストップ

筆算(1)
25
13)330
260
470
65
05
小数第一位まで解いてストップ

❸余りを確定
もとの小数点を下に降ろす
と、余りは5ではなく0.05と分かります。

筆算(2)終了
25
13)330
260
470
65
005
もとの小数点を下ろして
余りが0.15と出たら終了~♪

2.5余り0.05

●類題5-2

1.731÷0.24 を計算しなさい(商は小数第一位まで求め、余りも出しなさい)
図解

筆算準備
割る数(0.24)が整数(24)になるように小数点を右に2ケタ動かし、割られる数(1.731)も同じ用に小数点を2ケタ右に動かし上にも移します。

❶筆算準備
2
024)1731
小数点を2ケタ右にずらし上にも移す

割り算
準備ができたら小数第一位まで解いて、余りを出します。

❷割り算
72
024)1731
1680
0051
48
03
小数第一位でストップ

❸余り
もとの小数点を
下に降ろす余りは0.3ではなく、0.003と分かります。

❸余り確定
72
024)1731
1680
0051
48
0003
もとの小数点を下ろして
余りが0.03と出たら終了~♪

7.2余り0.003

●類題5-3

100÷2.1 を計算しなさい(商は小数第一位まで求め、余りも出しなさい)
ヒント(▼をクリック)

100に小数点が見えませんが「100.0」と考えれば良いですね。

図解

筆算準備
100に小数点が見えませんが「100.0」と考え、小数点を右に1ケタ動かし上にも移して筆算の準備が完了。

筆算準備完了
6
21)10000
小数点を1ケタ右に動かし上にも移す

割り算
準備ができたら小数第一位まで割ります

筆算(1)
476
21)10000
8400
1600
1470
0130
126
004
小数第一位まで計算してストップ

❸余りを確定
もとの小数点を降ろす
と余りは0.4ではなく、0.04と分かります。

筆算終了
476
21)10000
8400
1600
1470
0130
126
004
もとの小数点を下ろして
余りが0.04と出たら終了~♪

47.6余り0.04

次は少し違う答え方をする場合です。4年で学習した「概数(およその数)」を使います。

小数÷小数(概数で答える)

爽茶そうちゃ
割り算が割り切れない(余りが出る)場合は概数(およその数)で答えを出す場合もあります。
例えば「12.3456」を小数第二位で四捨五入して「12.3」にしたりします。

解き方を理解♪

概数の決め方を簡単に復習するとこうなります。

「概数が分からない」忘れた」という人は参考記事「概数のまとめ」を見て下さい。

例題6-1
2.46÷1.8 を計算しなさい。
商は小数第一位を四捨五入して概数で求めなさい
図解

商を小数第一位まで求めましょう。

小数点を1ケタ動かして割り算の準備をします。

筆算準備

6
18)246

小数点を1ケタずつ左に動かして、
上にも移しておきます

商が小数第一位まで「1.3」と出たのでストップ

筆算(1)

13
18)246
186
466
54
12

割り算終了

小数第一位が「3」なので切り捨てて1が答えです。

1

例題6-2
2.46÷1.8 を計算しなさい。
商は小数第一位までの概数で求めなさい
ヒント

小数第一位までの概数→第二位を四捨五入

図解

小数第一位までの概数→第二位を四捨五入なので、商を小数第二位まで求めましょう。

割り算の準備をします。

筆算準備

6
18)246

小数点を1ケタずつ左に動かして、
上にも移しておきます

商が2ケタ出た後は0を補って下におろします。

筆算(1)

136
18)2460
1860
4660
540
120

0を補って下ろしてくる

3ケタの商が「1.36」と出ました。余りが残っていますが計算をストップします。

筆算終了(2)

136
18)2460
1860
4660
540
120
108
012

ここで割り算は終了
余りは聞かれていないので無視!

「1.36」の上から3ケタ目は「6」なので切り上げて、1.4が答えです。

1.4

例題6-3
2.46÷1.8 を計算しなさい。
商は四捨五入して上から3ケタの概数で求めなさい
ヒント

上から3ケタの概数で求める→上から4ケタ目を四捨五入します

図解

「上から2ケタの概数で求める」場合は上から3ケタを四捨五入するので、まず商を4ケタ目まで求めましょう。

割り算の準備をします。

筆算準備

6
18)246

小数点を1ケタずつ左に動かして、
上にも移しておきます

0をどんどん下ろして、4ケタ目までの商が「1.366」と出ました。余りが残っていますが計算をストップします。

筆算終了(2)

1366
18)24600
18600
46600
5400
1200
1080
0120
108
012

ここで割り算は終了
余りは聞かれていないので無視!

「1.366」の上から3ケタ目は「6」なので切り上げて、1.37が答えです。

1.37

これで小数÷小数の計算は終了です。最後は文章問題です。楽しみながら解いて下さい。

小数÷小数の文章問題

●文章問題2-1

Cさんの体重は34.5kgでDさんは27.6kgです。Dさんの体重はCさんの何倍ですか?
ヒント(▼をクリック)

DさんがCさんの何倍かを出す計算はD÷Cです。

図解(▼をクリック)

DさんがCさんの何倍かを出す計算はD÷Cなので、27.6÷34.5の割り算を計算します。

まず小数点を動かして割る準備をします。

準備終了

08
345)2760

276が345より小さいので、小数点の左に0を立てて、276の右に0を補います。

筆算

08
345)2760

小数点の左に0

ちょっと面倒くさいですが0.8と出ました。

筆算終了

08
345)2760
2760
0000

終了です♪

0.8

●文章問題2-2

火星旅行のお土産の850.5gの赤い砂を20.3gずつ袋につめると、何袋できて何g余りますか?
ヒント

「何袋」と聞かれているので、商は整数まで出せば良いと分かります。

図解

「何袋」と聞かれているので、「850.5÷20.3」を整数まで商を出せば良いと分かります。

準備をして

準備

3
203)85050

商が41と出たら割り算をストップします。

筆算

413
203)85050
81200
43850
2030
1820

ここで割り算は終了

もとの小数点を余りまで下ろすと、余りは18.2gと分かります。

余りの処理

413
203)85050
81200
43850
2030
1820

もとの小数点を下ろします

41袋できて、18.2g余る

●文章問題2-3

赤いドラゴンの体の長さは4.5mで、青いドラゴンの2.5倍だそうです。青いドラゴンの体の長さは何mですか?
ヒント

「8は□の2倍です。□はいくつですか?」という問題を解くのと同じ形の計算をすれば答えが出ます。。
図解

8は□の2倍です。□はいくつですか?」という問題を解くには「8÷2」という計算をすれば良いですね。

4.5mは□の2.5倍です。□はいくつですか?」という問題で同じ形の計算を作ると「4.5÷2.5」になるので、この割り算を計算します。

準備して

筆算準備

0
25)450

解くと…商は1.8と分かりました。

筆算終了

18
25)450

250
200
200
000

終了です

1.8m

●文章問題2-4

60.2cmで150.5gのチェーン(鎖)があります。このチェーン1cmの重さは何gですか?
ヒント

「5個で100円のアメの1個の値段は何円ですか?」という問題を解くのと同じ形の計算をすれば答えが出ます。

図解

5個で100円のアメの1個の値段は何円ですか?」という問題を解くのには「100÷5」という計算をすれば良いですね。

60.2cmで150.5gのチェーン」という問題で同じ形の計算を作ると「150.5÷60.2」になるので、この割り算を計算します。余りは出ないと予想できます。

まず準備をして

筆算準備

0
602)15050

解くと2.5と分かりました。

筆算終了

25
602)15050
12047
03010
3010
0000

なんとか終了

2.5g

爽茶そうちゃ
以上で小数の割り算は終了です!お疲れ様でした。

まとめ

小数の割り算での小数点の操作。答えの小数点はずらした位置、余りの小数点は元の位置

爽茶そうちゃ
わり算以外の計算を詳しく見たい人は「小数の総合案内」から各記事を見て下さいね!
小5の方にはこちらの記事もオススメです。
→約分倍分 →通分 →分数の足し算引き算
オススメ問題集を紹介します。
「小数の計算(日能研)」は小数計算の全範囲がコンパクトにまとまっているので総復習や予習にピッタリ。

受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?ツイッターメールでの無料相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました