小数の総まとめ。学び方・教え方を分かりやすく説明♪

小数の記事一覧

(小3・4)小数の足し算・引き算

(小4~)小数点と単位 (小4)小数のかけ算

(小4~5)小数の割り算 (小5)小数と分数

(受験)小数の応用問題 (受験)循環小数と分数

爽茶そうちゃ

こんにちは!「そうちゃ」@zky_tutor(プロフィール)です。

「小数の計算がよく分からない…苦手!」という小学生の方、もう大丈夫ですよ!

東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が分かりやすく教えます。この記事を読み終える頃には小数のルールがスッキリ頭に入っているでしょう♪

下の目次で、例えば「小数の割り算」など好きな項目をクリックすればジャンプできますよ。
スポンサーリンク

小数の基礎(小3)

小数とは?

「小数」とは1より小さい数です。「.」(小数点)より右に行くほど小さい数になります。

小数の位と読み方

0 . 1 2 3
れいてん いち に さん

1」→小数第1位
2」→小数第2位
3」→小数第3位

そして、小数の大きさは「1」を基準に決められています。

小数の大きさ

●「0.1」=0から1を十等分した大きさ


●「0.01」=~を百等分した大きさ
●「0.001」=~を千等分した大きさ

反対から言うと、0.1が10個集まると1になり、0.01が100個集まる、0.001が1000個集まると1になります。

小数のつくり

例えば「1.234」という小数を分解すると、1+0.2+0.03+0.004になるので、「1.234」は1が1個、0.1が2個、0.01が3個、0.001が4個集まって作られていると分かります。

小数の作り
(例)1.234を分解する
+1.234
+0.234
+0.034
+0.004
+1.234
1,0.2,0.03,0.004に分解できる

確認テストをどうぞ。

確認テスト(タッチで解答表示)

1が2個、0.1が3個、0.01が4個、0.001が5個集まった数は?
→( 2+0.3+0.04+0.005=2.345 )

1が3個、0.01が3個、0.001が3個が集まった数は?
→( 3+0.03+0.003=3.033 )

0.1が18個、0.001が13個が集まった数は?
→( 1.8+0.013=1.813 )

小数のつくり(分数から)

0.1は1を十等分したものなので、110と等しくなる。

同様に、0.01は1100、0.001は11000と等しくなる。

小数と分数の関係

0.1=110

例えば「110が1個、1100が2個、11000が3個集まって作られた数」は、0.1が1個、0.01が2個、0.001が3個集まった数と等しいので、0.123になる。

試しにテストしてみましょう。

確認テスト(タッチで解答表示)

1が3個、110が2個、1100が1個集まった数は?
→( 3+0.2+0.001=3.21 )

110が12個集まった数は?
→( 0.1が12個なので、1.2 )

110が24個、1100が6個、11000が13個集まった数は?
→( 2.4+0.06+0.013=2.473 )

爽茶そうちゃ
「もっと詳しい説明を見たい」「問題を解いてみたい」という人は「小数の基本事項」(作成中)を見て下さい。

小数点の移動(小4)

やり方と意味

左右どちらに動かすかで意味が変わります。

小数点の移動

◆数を10倍100倍する→小数点を右にずらす

(例)1.5を100倍する

150150

◆数を10や100で割る→小数点を左にずらす

(例)1.5を100で割る

0150015

右に動かす=数を大きくする

数を10倍・100倍する時(大きくする時)は小数点を右に1ケタ・2ケタずらします。

1.5を10倍する
1515
小数点を
右に1ケタずらす
1.5を100倍する
150150
小数点を
右に2ケタずらす

左に動かす=数を小さくする

反対に、数を10で割る、100で割る(110,1100する)時(小さくする時)は小数点を左に1ケタ・2ケタずらします。

1.5を10で割る
15015
小数点を
左に1ケタずらす
1.5を100で割る
0150015
小数点を
左に2ケタずらす

確認テストをどうぞ

確認テスト(タッチで解答表示)

「12.3」を10倍すると?
→( 小数点を右に1ケタ動かす )→( 123 123 )

「12.3」を100で割ると?
→( 小数点を左に2ケタ動かす )→( 0123→ 0.123 )

「12.3」を1000倍すると?
→( 小数点を右に3ケタ動かす )→( 12300 12300 )

小数点と単位(小4~)

「小数点の移動」を使うと、単位を別の単位に変えるのが簡単になります。

例えば、1km=1000m なので、kmをmに直す時は1000倍つまり小数点を3つ右にずらすだけでOKです。

1.5kmをmに直す
15km→15001500m
小数点を右に3ケタずらす

逆にmをkmに直す時は1000で割るつまり小数点を3つ左にずらせばOKです。

1.5kmをmに直す
150m→150015km
小数点を右に3ケタずらす
爽茶そうちゃ
単位について詳しく知りたい・単位の問題を解きたい人は参考記事「単位の総まとめ」を見て下さい

小数計算のまとめ

小数の計算はそれぞれ筆算のやり方が異なります。

小数計算のまとめ

◆足し算・引き算
→小数点を揃えて筆算を行う

◆かけ算
→小数点を取って筆算した後で小数点を戻す

◆割り算
→割る数と割られる数の小数点を同じだけずらして筆算
◇商はずらした小数点を使うが、
◇余りはもとの小数点を使う。

小数の足し算・引き算(小3~小4)

小数の足し算・引き算は小数点をそろえて行います。

小数の足し算引き算

→小数点をそろえて筆算
(例)15.1+1.51

Good

そろっている

15.11
+11.51
16.61

Not Good

そろってない

15.1
+1.51
2??2

確認テスト(作成中)

爽茶そうちゃ
「もっと詳しい説明を見たい」「問題を解いてみたい」という人は「小数の足し算引き算」を見て下さい。

小数のかけ算(小4・小5)

小数をかける意味

1より小さい数をかけると答えはもとの数より小さくなります。

かける数と答え

●1をかけると、答えは元の数と同じ

(例)5×1=5

●1より小さい数をかける
答えは元の数より小さい

(例)5×0.8=4

●1より大きい数をかける
答えは元の数より大きい

(例)5×2105×1.2=6

小数同士のかけ算

足し算引き算と違って小数点を使わず筆算します。そして筆算の答えに小数点を戻します

小数のかけ算

→小数点を取って筆算して、小数点を戻す
(例)0.27×0.038

  1. 問題の数の小数点を右に動かして整数にする
    027000380

    (合計で5ケタ
    右に動かしている)

  2. 整数のかけ算の筆算をする
    27
    x 38
    216
    0810
    1026
  3. 右に動かしたケタ数だけ小数点を左に戻す
    001026
    001026

    (5ケタ左に動かすと答え)

小数と0のある数のかけ算

小数点も0もとって筆算を行い、小数点以下の数と0の数を差し引きして小数点を動かします。

0のある数と小数のかけ算

→0と小数点をとって筆算。
答えに0と小数点を「戻す」

(例) 27000×0.38
→27✕38=1026→10260
( 0は3つ小数点以下は2つなので
差し引き0を一つ付ける )

10261026000
102600010260

確認テスト(作成中)

覚えておくべき小数のかけ算

以下のかけ算を覚えると計算が楽になります。

覚えておくかけ算

かけて1になるかけ算を覚える

①0.5×2=1

➁0.25×4=1

③0.125×8=1

爽茶そうちゃ
「もっと詳しい説明を見たい」「問題を解いてみたい」という人は「小数のかけ算」を見て下さい。

小数と概数(小4)

概数の決め方には三種類あります。

概数の決め方

❶「小数第□位を四捨五入」→指定された位を四捨五入

❷「□の位までの概数」→□の一つ下の位を四捨五入
(例)小数第一位までの概数→小数第二位を四捨五入

❸「上から□ケタの概数」→□より一つ多い位を四捨五入
(例)上から2ケタの概数→上から3ケタ目を四捨五入

切り捨て切り上げ四捨五入のやり方は整数と変わりませんが、答え方に注意が必要なこともあります。

テストしてみましょう

確認テスト(タッチで解答表示)

小数第二位を四捨五入して「42.537」を概数にすると?
→( 小数第二位は3なので切り捨てて42.5 )

「42.537」を小数第二位までの概数にすると?
→( 小数第三位の7を四捨五入して42.54 )

「42.537」を上から3ケタの概数にすると?
→( 上から4ケタ目の3を四捨五入して42.5 )

爽茶そうちゃ
「もっと詳しい説明を見たい」「問題を解いてみたい」という人は「四捨五入のやり方」を見て下さい。

小数のわり算(小4・小5)

小数÷整数(小4二学期)

割られる数の小数点を上にも移します。

小数÷整数(余り無し)

→割られる数の小数点を上にも移すだけ(左)で、
解き方自体は整数÷整数(右)と同じ♪

13
9)117
97
127
27
20
13
9)117
97
127
27
20

余りがある場合は、余りにも小数点をおろします。

小数÷整数(余りあり)

小数点を上に移すだけでなく、
余りまで下ろしてくる

274
3)824
624
224
214
214

確認テスト(作成中)

詳しい説明を見たい、問題を解きたいという人は「小数の割り算」内の「小数÷整数」を見て下さい。

小数÷小数(小5一学期)

小数で割る場合は、小数点を動かして筆算の準備をします。

小数÷小数の筆算準備
  1. 割る小数が整数になるように小数点を右に動かす。
    7
    31)837
  2. 割られる小数の小数点も同じケタ数だけ右に動かし、上にも移す
    7
    31)837

割り算を行ったら、余りの小数点を決めます。
答えの小数点はずらした小数点を使い、あまりの小数点はもとの小数点を使います。

小数÷小数(余りあり)

◆答え動かした小数点を使う

◇余りもとの小数点を使う!

  1. 筆算の準備
    割る数と割られる数の小数点を右に動かし上にも移す

    1
    35)750
  2. 割り算
    指定された位まで割り算をする

    21
    35)750
    700
    450
    35
    15
  3. 余りを確定
    もとの小数点を下ろして余りを確定する。

    21
    35)750
    700
    450
    35
    015

確認テスト(作成中)

爽茶そうちゃ
「もっと詳しい説明を見たい」「問題を解いてみたい」という人は「小数の割り算」内「小数÷小数」を見て下さい。

小数と分数(小3~小5)

「分数が嫌い!小数の方が好き」という人が多いですが、小数よりも分数の方が便利(中学以降はほとんど分数)

小数と分数の関係

0.1=110

小数は必ず分数に直すことができるので、直せるようにしておきましょう。

小数→分数

●小数第一位までの数→10を分母につけて約分
(例)0.4→41025

●小数第二位までの数→100を分母につけて約分
(例)0.15→15100320

●小数第三位までの数→1000を分母につけて約分
(例)0.125→125100018

確認テスト(作成中)

爽茶そうちゃ
「もっと詳しい説明を見たい」「問題を解いてみたい」という人は「分数と小数・整数」を見て下さい。

小数の応用問題(中学受験)

中学受験用の小数の応用問題は、姉妹サイト「そうちゃ式受験算数(新1号館)」の「小数の応用問題」を見て下さい。

爽茶そうちゃ

以上で小数のまとめ記事は終了です。

受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?ツイッターメールでの無料相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!

Html図保存セクションここから

 

小数の位と読み方

0 . 1 2 3
れいてん いち に さん

1」→小数第1位
2」→小数第2位
3」→小数第3位

 

小数の大きさ

●「0.1」=0から1を十等分した大きさ


●「0.01」=~を百等分した大きさ
●「0.001」=~を千等分した大きさ

 

Html図保存セクションここまで

タイトルとURLをコピーしました