小学5・6年生】平均って何?求め方・問題の解き方をまとめました♪

「へいきん?て何」という小学5年生の方、おまかせ下さい!東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が分かりやすくまとめました。この記事を見れば平均が好き・得意になっているでしょう!

中学受験生の方は関連記事「平均算の解き方・面積図の書き方は?」を読むといいですよ。

下の目次から読みたいころをクリックするとジャンプして読むことができますよ。

スポンサーリンク

平均(比べ方)の基本知識
(小学5年生)

爽茶そうちゃ

こんにちは!「そうちゃ」@zky_tutor(プロフィール)です。

はじめに小学校で学ぶ平均の基本知識を見ていきます

平均とは?

何個かの数値がある場合に、それぞれ値の合計を個数で割ったものを平均という。

平均の求め方

平均=合計÷個数

例えば「14」「9」「10」という3つの数値がある場合、値の合計は(14+9+10)=33、個数は3なので、平均は合計33÷個数3=11になる。

確認テストをどうぞ。

確認テスト(タッチで解答表示)

算国理社4科目テストの点数が78点,94点,57点,71点だった場合、平均はいくらか?
→( 4科目の合計を4で割るので、(78+94+57+71)÷4=300÷4=75 )

平均の三公式

逆に、平均と個数が分かっている場合は、合計=平均×個数 で求められる。はじめの例では、平均11で個数が3なので 合計=11×3=33 と求められる。

さらに合計と平均がわかっていれば、個数=合計÷平均 で求められる。はじめの例では、合計33で平均が11なので 個数=33÷11=3 と求められる

ここまでの「平均」「合計」「個数」の関係をまとめると、こうなる。

平均の三公式

平均=合計÷人数
合計=平均×人数
個数=合計÷平均

確認テストでチェック

確認テスト

(1)A君は5回テストを受けて平均点が72点だった。5回の合計点は?
→( 平均72点、回数5回なので、合計=平均72点×回数5回=360 )

(2)A君の班は全員の体重の合計が210kgで平均すると35kgだった。班の人数は?
→( 合計210kg、平均35kgなので、人数=合計210kg÷平均35kg=6 )

平均の文章問題

三公式を使って文章題を解いてみましょう。

例題(2020.2.12作成中)

 

表を利用する問題

表の使い方を理解♪

0点から5点までの点数がつくゲームを何人かでプレイした時の点数と人数を表にしてみます(図1)
この表(度数分布表)では右から2列目は「4点をとった人数が3人」をあらわしています。

この表を使って平均点を出してみましょう。平均=合計÷人数なので、まず合計を求めます。

右から2列目の4点をとった3人の合計点(小計)は4×3=12点です。これを新しく作った三段目に書き込みます(図2)。同じように三段目を全て計算して、これらを合計すると全員の合計得点(総計)が31点と分かります!

図3:点数の合計

列ごとの小計を合わせると全員の合計が出る

人数の合計は二段目を合計すれば10人と分かります(図4)。

結局、平均点は合計31÷人数10=3.1点と分かります(図5)。

問題で定着!

確認テスト(2020.2.8作成中)
平均を求めなさい
①埋まっている表
②一部が空欄の表
人数を計算してから平均をもとめます。

爽茶そうちゃ
小学校で学習する平均は以上です。中学受験生の方は関連記事「平均算の解き方・面積図の書き方は?」を読むといいですよ。

受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?ツイッターメールでの無料相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました