小学1・2年生】1ケタ+1ケタの繰り上がる足し算を●●焼きのイメージで暗算する!

「うちの子、繰り上がりのある足し算を間違える…」「暗算が出来ない」という小1・小2の保護者の方へ。暗算って私達大人が思っているほど簡単ではないんですよ!この記事は子供の頭の中にイメージがしっかり定着する学習法のヒントをお伝えします。記事を参考に練習すれば、スラスラと計算が出来るようになっているかもしれませんよ♪

記憶定着までは
理詰めで考える!

こんにちは!受験図解講師の爽茶そうちゃ@zky_tutor(プロフィール)です。

大人になると、1ケタ+1ケタの繰り上がり計算はそれぞれが覚えやすいイメージで暗記してしまっています。

しかし小学1・2年生だとまだ暗記していない事も多いので、理詰めで正しいイメージを頭の中に作ってあげる必要があります。

「●●焼き」をイメージ

まず、1ケタの数のイメージを「暗算しやすいように」固めておきます。

ここでは、たこ焼き機のような半球のくぼみが5×2ならんでいるのを想像して

1から10までの数のイメージを作ります。上のたこ焼きの絵は3を表すのでこうなります。

黒丸がたこ焼きで、白丸が「くぼみ」です。横に5個を2段にするのが大切です。

1~10までを図にすると、こうなります

まず、これを書けるようにしましょう。

白丸を書くのが面倒くさいのですが、実はこれが訓練になっています。

慣れてきたら白丸は書かなくても良いことにしますが最初は書きましょう。

10になるセットを覚える

次に、足して10になるセットをパッと言える(イメージできる)ようにします。

例えば、「3」と足して10になるのは「7」なので、「3と7」がセットになります。

先程黒丸だけでなく白丸も書いたのは、この練習だったのです!

このセットは全部で5セットしかありません。

このセットをイメージできたら「たこ焼き計算」の準備は終了です。次は実際に「たこ焼き計算」をしてみましょう。

スポンサーリンク

繰り上がりのある足し算

はじめの「たこ焼き計算」は「7+5」です。

((スライダー))

まず、7を書きながら10になるセットを思い浮かべます…「3」ですね(白丸3コ)。

次に後ろの数「5」を書きますが、たこ焼き器を思い出して、黒丸3個はさっきの白丸に入れるつもりで残りの2個とは分けて書きます。「さくらんぼ」計算で書いたやり方ですね

黒丸3個を白丸にはめると10になるので、7+5は10+2と同じです。

答えは「10+2」で「12」になります。

いまの「数量の操作」を数字だけで書くと、

になります。この操作をスムーズにイメージできるようにすれば暗算ができます。

そしてイメージ→暗算を繰り返していれば、そのうちイメージなしに「言葉として」暗記します。それまでは辛抱強く練習をさせてあげましょう

クイズで確認

「7+5」の後ろの数「5」を「3+2」に分けたように、足し算の後ろの数を2つに「分ける」クイズです。

全部できたら先に進んで下さい。もう一度チャレンジする場合はブラウザを再読み込みして下さい。

8+5 後ろの数を分けよう♪
9+8 後ろの数を分けよう♪
7+7 後ろの数を分けよう
9+7 後ろの数を分けよう♪
後の数を
2つに分ける問題
全{{maxScore}}問中,{{userScore}}問正解!
(正答率{{userScorePercent}}%)
{{title}}
{{image}}
{{content}}

確認テスト

最後にヒントなしの計算です。これが全問正解できたら、合格です!

もう一回チャレンジしたい場合は、ブラウザを再読込して下さい。

7+9=?
8+8=?
7+7=?
6+6=?
一ケタの繰り上がり算
(たこ焼き計算)
全{{maxScore}}問中,{{userScore}}問正解!
(正答率{{userScorePercent}}%)
{{title}}
{{image}}
{{content}}

正しいイメージを
身に着けましょう

低学年のうちは「なんとなく」「テキトーな」イメージでも正解が出てしまうので気が付きませんが、正しいイメージが頭の中にないと、学年が進むにつれて算数が分からなくなってしまいます。

低学年のうちから理にかなった正しい図を練習させて正しいイメージを身に着けさせてあげて下さい。

当ブログの「線分図」の記事も参考にして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました