つるかめ算の総合案内(学び方)

「つるかめ算」の目次
つるかめ算の総合案内(このページ)
(1)面積図を使わない解き方(置き換え法)
(2)面積図を使った解き方
(3)応用1:個数の取り違え問題
(4)応用2:弁償算
(5)応用1:三量のつるかめ算その1
(6)応用1:いもづる算の練習
(7)応用1:三量のつるかめ算その2

ここから下では、あなたの目的別にセットメニューを提案していきます。

A:中学受験の予習をしたい!

前提として、整数のかけ算・割り算を身に付けておきましょう。

面積図を使わないやり方(置き換え法)は、条件を変化させて結果の違いを「調べる」練習になり、入試の準備になるので、整数の計算を習得したら是非学習しましょう。

面積図を使ったやり方は、「つるかめ算」というよりも「面積図」を予習することになります。こちらを御覧下さい

受験の塾に入る前に、マスターしておくべき基本をメニューにしました。図などは必ず「書いて」手に覚えさせることが必要です。その経験の有無が小5以降の差として現れてきます。

中学受験予習セット

(1:小2終わりまで)面積図を使わない解法
(2:小3終わりまで)面積図を使った解法
(3)
(4:小4~)塾のカリキュラム

B:中学受験前の総復習をしたい

つるかめ算の記事を最初から解くと良いです。

受験直前復習セット

(1)
(2)
(3)
(4)  (準備中です)
(5)
(6)
(7)

また、最終チェック用に公式だけをまとめた記事があります(プリント作成中)

最終チェックに!

つるかめ算の基本公式まとめ

C:教科書の発展的内容を学習したい

中学受験は考えていないけれど、将来のために発展的内容を学習したい方向けのメニューを考えています。

2018年現在の教科書ですと、「つるかめ算」自体が出てきません。中学受験組に将来負けない知的能力を付けるために、当ブログなどを利用して2つの基本解法(「置き換え法」「面積図」)は学習しておきましょう。

教科書の発展内容セット

(1)つるかめ算(置き換え法)
(2)つるかめ算(面積図)

上記記事より高度な事を学習したい場合または
中学受験の予習をしたい場合は、A:を参照して下さい。

D:公立中進学後に備えたい

この先,中学でも高校でも「つるかめ算」という言葉は出てきませんが、中学2年の「連立方程式」はつるかめ算の面積図を書くところまでは実は同じことをやっています。ですので、面積図を使った解法を一度学習しておくのは良いでしょう。また、面積図を使わない解法も一度やっておくのは「頭の訓練」として良いと思います。

公立中学準備セット

(1)つるかめ算(置き換え法)
(2)つるかめ算(面積図)
(3)つるかめ算を連立方程式で

 

生徒さん募集中♪

講師歴20年の私(爽茶@zky_teacher)(→プロフィール)の授業を受けてみませんか?(主に首都圏の方対象です)

勉強が得意なお子さんはもっと出来るように、勉強が苦手なお子さんも勉強が苦でなくなりますよ!

学習相談・家庭教師は毎週でなくとも1回のみ、月2回、短期集中等のお好きなプランを選べます。また来期・来年度の予約も可能です。お問い合わせはコチラまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました