作成中]式を書く理由と二種類の式。書くのは途中式だけではない。

「答だけでなく、式を書きなさい、と言われるけどどうして?書かないといけないの?」「どうやって書けばいいの?」という小学生の方、実は式には二種類あるんです。東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

式を書く理由

理由は2つ

途中式を書くのには異なった理由が2つあります。1つ目は「書かないと減点されるから」です。

テストで解答用紙に途中式が書いていないと減点されたり不正解にされることがあるので、そうならないように式を書きましょうということです。

学校で「途中式を書け」と言われる理由はほとんどコレでしょう。

しかし、式を書く理由はこれだけではありません。もっと大切な理由があります。

それは「正しく効率的に解くことができるから」です。

問題を読むなり2つの数字を使った筆算を書き始め、それを何度か繰り返して解答用紙に答を書き込む人がいます。

問題が易しいうちはそれでも正解が出ますが、難しい問題(特に中学受験の問題)ではミスをして不正解になることが増えてきます。

ミスを防ぐために、まず問題を読んで解答までの道筋をイメージできたらそれを式として書き留めておきます。

それから式にそって途中の筆算を計算すれば余計な計算をせずに済みますし途中で何をしているのか意識できるので安心して解けます。その結果としてミスが減ります。

このように「式を書く」のには2つの理由があるのです。

式を書く理由

❶書かないと減点される
❷書くと正確に解ける

書き方も2つある

式を書く「理由」が2つあるので、書く式の「内容」も二種類あります。

「採点する人」に向けて書く「途中式」

自分のために書く「計算式」

「途中式」の書き方

入試本番で途中過程を書くから

よって、この場合は直接答えを出す式からさかのぼって、解答スペースに合わせた分量を書けば足りる。

 

「計画式」の書き方

その2:処理能力が上がるから

こっちが大事です。

よって、この場合は問題文の数値を使った長い式を書くのが良い。

復習時には、問題を見て理解したら解答(と同様の)の式を書くか言う練習をする。答を出さなくても良い。(それは計算練習として別の時間に行う)

こうすることで、答までの道筋を一気に考えるスピードを養っていく。

タイトルとURLをコピーしました